下半身太りを解消するためには 下半身ダイエット:エクササイズやマッサージ・食事やサプリについて

2008年04月06日

下半身太りを解消するためには

下半身が太っていると、みっともないですね。

多くの下半身太りの方が、下半身太りを解消したいと願っていると思います。

ではなぜ、下半身が太ってしまうのか。

それは上半身より下半身のほうが太りやすい性質なのですね。

前回も書いたようにレセプターの問題もありますし、

それ以外にも下半身によりも、上半身の方がよく体を動かすという事がまずあります。

体の中で最も動かしているのは「まぶた」、次に「指」、そして「肘」、「手首」の順だそうです。

普段の生活を考えると、下半身よりも上半身を盛んに動かしている事がよく分かります。

理由は座っていても寝ていても上半身は動かせるからです。

もう1つ理由があります。

普段の生活の中で、上半身というのは結構ストレッチ系の動きをしているのですね。

これに比べて特定のパターンの動きしかしないのが下半身です。

例えば、座る、歩く、眠るなど、あまりバラエティーに富んだ動きはありません。

自分の気になる贅肉が下半身のどの辺りについているかよく観察すると、たいていの場合、ヒップから太ももの後ろにかけてや、ふくらはぎの内側などの場合が多いのではないでしょうか。

逆に、日常生活で良く使用する太ももの前面などは、目立ったりするほどの脂肪はついていないのではないでしょうか。

そしてたまにこの部分を動かすような運動をすると、このぜい肉のついている周りの筋肉が筋肉痛になるのではないでしょうか。それだけ、日常の生活でこの部分を動かしていないということなのです。

では、下半身の太さが気になる方は、どの様な事をすればいいのでしょうか。

日常的に動かさないならば、時間を作って、ねらいうちして動かせば良いわけです。筋肉が完全に伸びた状態から、筋肉がもうこれ以上収縮できないというくらいの範囲で脚を盛んにうごかすエクササイズをすることです。

なんといっても部分的な引き締めにはエクササイズが最適なようです。


posted by エクササイズ at 11:11| 下半身やせと運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。